ロゴ

喉がよく乾くなどの症状は糖尿病のサインかも!早期発見を心がける

糖尿病などの病気に気付くには症状を見逃さないコト!

医療

病気にならないため、元気にいるためには病気の知識を得ることも重要です。よく聞く病名は、どんな症状が起こって、どんな治療がされるのか大体わかることもあります。例えば、糖尿病。糖尿病は血糖値が高いことで判明することのある病気で、患者数は少なくありません。喉が渇いたり、排尿の回数が増えたりします。治療法としては、インスリン注射をすることがよく知られているでしょう。しかし、糖尿病だけに限らず発症する可能性がある病気は、多数あります。幅広く知っておいても、無駄になることはありません。脳梗塞や聴神経腫瘍といった脳にできる病気は、検査や初期症状を見逃さないことがなにより大切です。また、女性がなりやすいとされる下肢静脈瘤という病気があります。これは、足の血管が浮き出て、瘤状になるという特徴があるので出産経験のある方は特に注意しましょう。最近では、病院も通いやすさが重視されてきています。日中だけでなく、夜間診療をしているところがあるので何か異変を感じたらすぐに受診するように心がけましょう。単なる風邪でも重症化しては辛いので、体調に変化を感じた段階で診てもらうことです。

病院

ウォーキングでインスリンを活性化!糖尿病の症状を改善させよう

糖尿病はインスリンの機能が不十分なときに発症しやすいのですが、その症状は初期には自覚しにくいので気をつける必要があります。そして糖尿病対策としては、ウォーキングなどの運動を行うようにすると血糖値を下げることになって効果が期待できます。

診察

再生医療で脳梗塞を治療する【脳梗塞の治療方法を知ろう】

脳梗塞後遺症の治療法は各時期において分かれており、発症後間もない間の治療が最も必要である。そんな中、最新の最新医療として幹細胞での治療が注目されている。費用は200万以上の所が多く、自由診療にて高額だが、その効果への満足度も高い傾向にある。

医師と患者

下肢静脈瘤って知っている?むくみを放置してはダメ

足の静脈が大きくなっている事が分かったら、下肢静脈瘤かもしれないと考えて早期に治療を始めてください。マッサージや適度な運動をする事が、下肢静脈瘤の予防に繋がります。

医師

忙しくてもしっかり治療!夜間診療の病院を探そう

一刻を争う事態ではなく、夜間に普通に病気を診てもらいたいなら、夜間診療を行う浦安の医療施設に訪れましょう。ただし、対応しているところでも、毎日夜間診療を行っているわけではないため、受け付け日時を事前に調べる必要があります。

診察

聴神経腫瘍って何?良性腫瘍でも命に関わる怖い病気

聴神経腫瘍はほとんどの場合は良性ですが、大きくなると命に関わるため、放置せずに専門家に診てもらいましょう。医療施設で放射線治療や手術を受ければ、聴神経腫瘍の不快な症状を抑えることができます。

クチコミ

病院

それって下肢静脈瘤かも?【病院へ行こうと思った理由】

ふくらはぎにコブのようなものが見つかったら、それは下肢静脈瘤かもしれないと考えて、血管の検査を病院で受けてみてください。下肢静脈瘤は放置していると痛みが発生する事もあります。