ロゴ
HOME>オススメ情報>忙しくてもしっかり治療!夜間診療の病院を探そう

忙しくてもしっかり治療!夜間診療の病院を探そう

医師

夜間診療の特徴と救急外来の違い

浦安には夜間診療と救急外来を行っている医療機関があるため、夜間に病気や怪我をしたときに、どちらに通えばよいか分からない方もいるはずです。これらは、まったく違った性質を持つ医療機関なので、自身の症状に適したところで診察を受けなければいけません。まず、夜間診療は夜の間ずっと行っているわけではなく、10時までなど、受け付け時間がきちんと決まっています。つまり、昼間だけではなく、夜間も診察を受け付けている医療機関だと考えたほうがよいでしょう。一方の救急外来は、命の危険性がある怪我や病気に対応していて、夜から朝までずっと開かれている医療機関です。風邪や軽い切り傷などで訪れる場所ではなく、一刻を争う事態に利用するものだと考えましょう。

医師と看護師

夜間診療のメリットとデメリットについて

緊急性はなく昼間が忙しいという理由で医療機関にいけないのなら、救急外来ではなく、夜間診療を行っている浦安の医療機関を探しましょう。昼間に訪れる病院やクリニックとまったく同じシステムなので、どのような症状でも問題なく対応してくれます。昼間の診療の受け付けは夕方の18時前後に終わるところが多いですが、夜間診療ならば夜の20時以降までやっているところもあるので、忙しい方も便利に通うことが可能です。ただし、曜日によっては夜間診療が行われていない場合もあるため、受け付ける曜日を確認してから訪れなければいけません。また、曜日とは関係なく、日にちによって夜間診療が休止されることもあるので、病院やクリニックが発表するスケジュールのチェックもしましょう。