ロゴ
HOME>オススメ情報>再生医療で脳梗塞を治療する【脳梗塞の治療方法を知ろう】

再生医療で脳梗塞を治療する【脳梗塞の治療方法を知ろう】

診察

脳梗塞の治療の種類と特徴について

脳梗塞を発症した際に最も重要なのが、神経障害を最小限に抑え、日常生活上での障害を最大限に抑える事です。その為、脳梗塞発症直後、回復期、維持期と各時期に応じて行われる治療方法は異なります。発症直後の治療としては、主に薬物療法により、血液の固まりを溶かす、脳のむくみをとる、血液の固まりを溶かす、血液の固まりが出来るのを抑えるがあります。また、リハビリも状態に応じて行い、残存機能の悪化を防ぐ事が必要となります。それぞれの薬物療法にも特徴があり、適切なタイミングで使用しないと効果を発揮する事が出来ません。血液の固まりを溶かす薬は発症から4時間半以内に行わなければならず、専門医の判断が必要です。ほとんどの薬が発症から7日以内に使用しますが、脳を保護する薬や血液の固まりが出来ない様にする薬は長く服用しなければなりません。

病室

幹細胞治療のメリットと費用について

脳梗塞の最新の治療方法として、研究が進んでいるのが、幹細胞を使用した治療方法です。これは、細胞で出来た薬を脳の障害された部位に直接投与するというものです。注射をすると、もともと脳内にあった幹細胞が栄養を得て活性化します。活性化する事で新たな脳細胞が生み出さたり、細胞内のネットワークを強化する事ができます。幹細胞を用いた治療法は厚生労働省からも治療効果のある疾患に関しては使用しても良いという事で、国を挙げての再生医療が発展しつつあります。費用に関しても自由診療となり、幹細胞の直接投与も1回よりも3回行う方が効果があると言われています。その為、多くの再生医療を行う病院では3回を目安にしています。3回の投与で200万円から500万円と言われています。