ロゴ
HOME>オススメ情報>聴神経腫瘍って何?良性腫瘍でも命に関わる怖い病気

聴神経腫瘍って何?良性腫瘍でも命に関わる怖い病気

診察

聴神経腫瘍の症状とは

腫瘍という言葉を聞くと、悪性のがんをイメージしてしまい、聴神経腫瘍も命に関わる大変な病気だと考える方もいるでしょう。確かに、そのまま放置を続ければ、腫瘍が脳を圧迫してしまうため、聴神経腫瘍も命に関わります。しかし、ほとんどのケースでは悪性ではなく良性なので、きちんと治療すれば、以前と変わらない快適な生活を続けることが可能です。なお、聴神経腫瘍の症状は、聴力の低下が主なもので、場合によっては顔の筋肉に痺れなどの影響ができます。もしも、それらの症状があるのなら、早めに耳鼻科か脳神経外科に訪れて、CTやMRIなどの詳しい検査をしてもらいましょう。ちなみに、聴神経腫瘍ができたばかりで、まだまだ小さい場合は、まったく症状がでないこともあります。

医師

聴神経腫瘍の治療の種類と費用について

検査で聴神経腫瘍が見つかった場合、必ずしも治療が行われるわけではありません。症状がまったくない状態なら、そのまま経過を観察することもあるので、ドクターに言われた通りに定期的に通院しましょう。もちろん、不快な症状があって生活に支障をきたしているのなら、放射線を使った治療や取り除くための手術が行われます。どの方法を使うのかは、聴神経腫瘍の状態によって異なるため、ドクターと話し合って決めるとよいでしょう。なお、選択した治療方法や聴神経腫瘍の状況によって、かかる費用が違うので、治療費を事前にハッキリと知ることは難しいです。ただし、聴神経腫瘍なら保険を使って治療が行えるため、全額負担ではないので安心しましょう。